読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産運用ラボ

資産管理コンサルタント 幸来のブログ

投資信託のメリット

f:id:osakaokan:20170212020837p:image

人生、大切な人と幸せな未来を築いていく為には、早い段階からお金の準備をしておくことが重要だと私は考えています。なぜなら、どんなときもお金と人生は深く関わってゆきますし、切っても切り離せないからです。

しかしながら、現在の日本の銀行の預金金利は0.01%〜0.2%と超低金利である為、定期預金だけではなく、その他の手段でも資産運用を考えていく必要があると私は考えています。

もちろん、沢山働いて沢山稼げば良いというのは当然ですが、お金にも働いてもらえたら、それが一番最高ですよね!

 

さて、資産運用には定期預金以外に、外貨預金、株式投資、FX(為替証拠金取引)、投資信託、生命保険、ビットコイン国債、純金、不動産投資など様々な手段がありますが、今回は投資信託についてご紹介します。

 

投資信託はその字の通り

資本を投じ、信じて託すことです。

では、誰に託すのか?

その相手は投資ファンドです。

株式投資やFXはリターンも大きいですが、その分だけリスクも大きく、なかなかいきなり素人が手を出して、すぐに結果が出るというものではありません。

でも、投資信託投資ファンドが代わりに銘柄の選定、リスク管理などをやってくれます。

f:id:osakaokan:20170212021026p:image

そして、運用をパッケージ化したものを金融商品として購入できます。

もちろん、元本保証ではないので、損をしてしまうこともあります。

例えば、景気が良く、価格が高いときに購入した後、リーマンショックの様な出来事が起きてしまったときですね。

100万で買った投資信託が80万になってしまうことがあります。

ただ、いつリーマンショックが起きるかなんて誰にも予想できません。

そこで、オススメしたいのが、投資信託の積立購入です。

ここで何故、積立購入が良いのか、具体例を元に説明していきますね。

 

投資信託の基準となる価格を基準価額といい、購入単位は口数となります。
例えば、10,000口当たり基準価額が10,000円の投資信託なら、一口にすると1円となります。

100,000円で、100,000口の購入が可能という計算です。

(例)

☆前提条件☆

●スマイル投信:10,000口当たり、基準価額10,000円

●積立購入額:毎月10,000円

尚、投資信託の基準価額は日々変動しますので、給料日25日に購入するとします。

 

『1ヶ月目』

 ●購入日:1月25日

●基準価額9,508円の場合
1口あたりの価格は0.95円(基準価額9,500円➗10,000口)となります。
ここで、毎月10,000円分の購入なので
10 ,000円➗0.95円から
約10,526口購入できることになります。

 

『2ヶ月目』

●購入日:2月25日
●基準価額10200円の場合
1口あたりの価格は1.02円(基準価額10,200円➗10,000口)となります。
ここで、毎月10,000円分の購入なので
10 ,000円➗1.02円から
約9,804口購入できることになります。

 

『3ヶ月目』

●購入日:3月25日
●基準価額9,800円の場合
1口あたりの価格は0.98円(基準価額9,800円➗10,000口)となります。
ここで、毎月10,000円分の購入なので
10 ,000円➗0.98円から
約10,204口購入できることになります。

 

この様に購入のタイミングを分散させることで、基準価額が10,000円より安いときは多く口数が購入でき、10,000円より高いときは少ない口数を購入するできます。
これにより、基準価額が割高なときに沢山買うことを避けることができる為、リスクを分散することができます。

この方法を”ドルコスト平均法”といいます。

 

《3ヶ月間のまとめ》

●購入費用:30,000円

(10,000円✖︎3ヶ月) 

●購入口数:30,534口 

(10,526口+9,804口+10,204口)

 

購入費用は30,000円ですが、30,534口を購入することが可能となります。

仮に、毎月10,000口の購入をしていた場合…

●購入費用:29,500円

●購入口数:30,000口

 

一見、節約できている様に見えますが、

投資信託の運用益

=平均購入単価✖️保有口数

となる為、どれだけ沢山の口数を安く仕入れたかが大切です。

ここは商売の基本原則と同じですね。

つまり、安く沢山仕入れて、高く売ることができれば沢山の利益を出すことできます。

例)林檎を安く沢山仕入れて、高く売る。高い時には仕入れの数を抑える。

 

この様に毎月、長い年月をかけて、コツコツ積立購入することで、将来的に円預金よりも沢山の資産を築くことができる可能性が高まるわけです。

経済を短期的に予想はできませんが、中長期であれば、上がったり下がったりしながら、成長していくと言われています。

☆ポイント☆

長い時間をかけて、コツコツ積み立てる。

 

以上が投資信託についてのご紹介でした♪♪

 

あなたの幸せな未来の為にこのブログが役立つことを祈ります。

 

マネーコンサルタント

幸来